Unknown

NEWS 2020 1/14

 この度、RED AND BLUE GALLERY では「ディアファネース 天草ミオ 内田ユイ 2人展」を1月25日より開催致します。

neverlethergo_amakusa

天草ミオ「Never let her go 」フィルム紙にアクリル  236×295mm  2019

sotohaame_amakusa

天草ミオ「外は雨 」フィルム紙にアクリル、木枠 332×242mm  2019

 

2016_Scene826(オフィーリア)内田ユイ「Scene:826 オフィーリア」 2016

yuiuchida

内田ユイ「Scene:105 階段を降りる裸体」500×100cm  2017

 

  天草ミオと内田ユイは、いずれも「セル画」を模して、透明なフィルム――ないし、それに類する透明な紙やアクリル板――を支持体とした絵画を制作している。ただし、その目的は、デジタル技術の普及によって廃れた「セル画」それ自体を、芸術として昇華させるとか、失われゆく絵の形式として存続させるといった保守的なものではない。もともと「セル画」においては、キャラクターの動きを簡便に表現するために、透明な膜の “裏側” から彩色したという。これを応用した絵画と向きあうとき、鑑賞者は画面の反対側からイメージを透視することになる。一方、画面に対して作者と観者が同じ側に立つ伝統的な絵画の支持体(キャンバスなど)の場合、その存在は必ずしも意識されず、観念的に “透明” であることも少なくない。両者のあいだを隔てるように懸けられた境界として認識され得る透明な支持体は、むしろイメージの成立に関する具体的な場所なのである。それぞれ異なるアプローチからアニメにおける過去の技法を参照する二人の作品は、“見る” というシステムの背後にある関係について問いなおし、新しい絵画のモードを志向している。(飯盛 希)

 ご高覧の程、宜しくお願い致します。

天草ミオ Mio AMAKUSA

2012 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業

2014 同大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了

【個展】

2014 SENTIMENTALGAG/新宿眼科画廊,東京

2016 彼女を捕まえるための方法/新宿眼科画廊,東京

2019 her name is/新宿眼科画廊,東京

【グループ展/アーティスト・イン・レジデンス】

2015 小東京☆銀河vol.12/大東京綜合卸売センター,東京

2016 高嶋英男と小東京☆銀河/FETE FUCHU TOKYO,大東京綜合卸売センター,東京

2017 BankART アーティストインレジデンス2017 参加/BankART NYK,神奈川

2017-19 黄金町アーティストインレジデンス参加/黄金町,神奈川

2018 黄金町AIR2017成果展/黄金町,神奈川

2019 群馬青年ビエンナーレ2019 参加/群馬県立近代美術館,群馬

2019 黄金町バザール2019 参加/黄金町,神奈川

【受賞】

2014 武蔵野美術大学卒業・修了制作研究室賞

2019 群馬青年ビエンナーレ2019 入選

 

内田ユイ Yui UCHIDA

2011 女子美術大学芸術学部メディアアート学科卒業

【個展】

2012 「リクビダートル」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2013 「プール」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2015 「風と現前のカタストロフ」/新宿眼科画廊・東京

2016 「シーク・ユー」/新宿眼科画廊・東京

【グループ展】

2011 「日常と並列させるために」/ギャラリーKINGYO・東京 「Holiday vol.6」/ギャラリーKINGYO・東京 「Girls Illust Exhibition#14」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京「unius」/横浜赤レンガ倉庫1号館・神奈川「女子美スタイル最前線」/横浜BankART studio NYK・神奈川

2012 「Square Graphic art exhibition vol.10 正方形グラフィックスの表現」/RECTO VERSO GALLERY・東京  「ACTチャリティー小品展2012」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2014 「トランスエフュージョン3〔後期〕」/新宿眼科画廊・東京

2015 「depositors meeting 13」/art & river bank・東京 「KITAJIMA/KOHSUKE #10 ~100年転送~」/シェアスタジオカタ/コンベ・東京  下田ひかり個展「やがてゼロに至る黙示録」ゲスト出展/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2016 「BARRACKOUT/バラックアウト」/旧松田邸・東京  「KITAJIMA/KOHSUKE #13 ~池と怪物~」/シェアスタジオカタ/コンベ・東京  「奥村直樹ノ友達展」/DESK/Okumura・東京

2017 「シブヤスタイルvol.11」/西武渋谷店B館  「女子美助手展2017」/女子美術大学・杉並キャンパス  GINZA 24H SQUAD /旧銀座松崎ビル・東京

 2019 「女子美助手展2019」/女子美術大学・杉並キャンパス  TOKYO2021美術展「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」カオス*ラウンジ《東海道五十三童子巡礼図》プロジェクト参加/戸田建設旧ビル・東京   ART FOLDA00「SKIP TRACER」/帝国ホテルプラザMEDEL GALLERY SHU

【受賞】

2011  「Girls Illust Exhibition#14」アートコンプレックスセンター東京 /グランプリ受賞

2016  第一回 坂口恭平賞 受賞

 

 キュレーション 飯盛 希 Mare ISAKARI

1990年生まれ 福岡県出身東京都在住  

専門は美術批評、比較芸術。現在、東京芸術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 博士後期課程

東京大学教養学部 超域文化科学科 卒業

東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 修了